【簡単キャンプごはん】BBQコンロで作る豚ロースのワイン煮込み【レシピ&写真あり】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回はキャンプ飯のお話です(^^♪

BBQのコンロの余熱や残った木炭で煮込み料理をしよう!

アウトドアやキャンプでBBQや焚き火をするとき、大抵は燃料が余ると思います。

折角買って苦労して火を点けた炭を捨てるなんて勿体ない!でも、BBQで満腹&満足してまったり寛ぎタイムの中で苦労なんてしたくない!と思ってしまうことが多いので、
「勿体ない」「苦労せず適当にソコソコなものを」をコンセプトに、余った燃料でゆっくり煮込み料理でもいかがですか?
ということで、今回はBBQコンロで作る豚ロースのワイン煮込みをご紹介致します。

豚ロースのワイン煮込みを仕込む

材料の仕込みは頑張らない、でも時間は掛ける、がポイントです^^

煮込む野菜ですが、

材料と調味料
  • 豚肩ロース:かたまり肉、量はお好みでOK、煮込んで形が崩れないよう、出来れば紐で縛ってあるタイプが良いです。
  • 野菜:根菜が良いでしょう。玉ねぎ、にんじんは定番。ゴボウやキノコ類でも美味しいですね。煮崩れする材料の場合は時間差投入でも全然大丈夫です。
  • ワイン:500mlくらい
  • 醤油:300mlくらい
  • 砂糖:一つまみ(お好みですが、大さじ1~2くら)あればはちみつと併用してもOK
  • みりん:お好みで100mlくらい

あれば入れても良いもの

  • ローリエ:1~2枚
  • にんにく:ひとかけら、みじん切り、すりおろし、どちらでも
  • コンソメなどの出汁:1個あれば十分
仕込み方

豚肉の肩ロースはパックに入っているまま、玉葱や人参を、皮を剥いてザク切りにして鍋に入れます。
具を入れたらワイン(赤でも白でもその場にあるもの)をボトル1本以下、醤油を300mL程度、砂糖を拳が握れるくらいに一掴み、好みでみりんを100mL程度を鍋に入れます。
砂糖の代わりか併用する形ではちみつを使っても良いと思います。ローリエニンニクなども良い組み合わせだと思いますのでお好きな方は入れてくださいね。

今回は出汁(だし)的な味付けはしませんでしたが、入れたい方はお好みで魚系、コンソメ系の出汁を加えてあげても良いですかね。豚肉から美味しい出汁が出るので無理に市販出汁を入れる必要もないのと、出汁を使うと基本的にその出汁の味になってしまう点は注意かもです。


我が家は濃い味党なので(笑)とりあえず味は濃い目にしておきます。
使用するワインですが、一般的なレシピでは赤ワインが推奨されますが、白ワインでもいけます!ワインのランク(高い安い)は全く関係ありません!
スーパーで売っている300円台のワインで十分ですよ。

更に言うなら、濁酒でもいけます(もはや別の料理ですが)!
ウィスキーやバーボン等は香りが強すぎて肉や野菜と馴染まない事が多いので止めておいた方が無難です。

なお、ここでは生肉を煮込んでいますが、BBQの炭の火力が強い段階で4面に焼きを入れて旨味を閉じ込めておく方法でも美味しいと思います。

煮込み開始


調理も簡単!肉や野菜を焼いているコンロの端っこに置くだけです!但し、熱の伝わらない所に置いても煮込めないので、ある程度熱い所に置いておきましょう。
皆がBBQを楽しんでいる横で、鍋の中はじわじわと煮込まれていきます。
適当にチェックはするようにお願いします。
灰汁(あく)を取り除き、焦げないように水を足しましょう。


BBQが終わったら、コンロの中央に鍋を移してそのまま残り火で加熱を続けます。
放っておけばそれなりに美味しいおつまみとか夜食になります。煮込む目安は3~6時間程度です。
ここで注意する事は、煮沸しない事です。
煮沸すると肉が硬くなってしまうので、飽くまでユルユルダラダラで行きましょう。
コンロの端っこに置いていたときのように気が付いた時にでも灰汁取りと水分チェックをお願いします。

思い出した頃に完成

陽が落ちて、コンロの上にほったらかしてあった事を思い出す頃が完成です。

肉の中まで味が染み込んで美味しくなっています。
煮込み料理って、物理的に煮込む時間が必要なので、普段はなかなか出来ないことが多いですよね?!
ま、そのために圧力鍋という強力アイテムが存在するわけですが(^^♪

キャンプで圧力鍋を使うには、圧力を上げるための火力が必要なので、焚き火にしてもガスにしても圧力鍋用に燃料を使わないといけなくなることが多いと思います。
今回の記事テーマ、そもそもの目的は、余った炭や焚き火の燃料を有効活用する、ということなので、圧力鍋は無しで!(笑)

今回はワイン少な目で醤油多目なので、醤油の色が濃くなっています。
煮込む時間が長くなればトロトロに仕上がって、角煮のように脂身も気にならずに食べられるようになります。

煮込んだ後のタレは万能


煮込んだ後のタレは捨てずに翌日の朝食にでも使いましょう。
例えば、タレで米を炊くと炊き込みご飯の様な味になります。濃くなり過ぎないように、味を水で薄めて調整しましょう。

また、薄めてスープに使うというのが一番無難な方法です。梅乃屋の竹岡式ラーメンのスープがイメージとして近いかもしれません。

ただし、ここで紹介しているレシピはザックリ過ぎるため、味にムラがあってラーメンに合うかどうかはその時次第ですが(笑)

野菜や肉を入れて灰汁を取りながら煮込むと可もなく不可もない(その時の加減次第で大当たり有り)スープの完成です。

まとめ

いかがでしたか?
こんな風に、できる限り手を抜いて放置してもキャンプであれば時間を空き時間を使った、基本放置の料理でも美味しく煮込み料理が出来ちゃいます!
燃料は残り火を使っていますので、コストパフォーマンスも良好ですよ~^^
是非お試しください!!

関連レシピ情報

https://cookpad.com/recipe/4584516

赤ワインとケチャップ、それからメープルシロップを使った赤ワイン煮込みです。
子供が好きそうな味になると思いますよ~^^


https://cookpad.com/recipe/1993595

レストランのような料理レシピです。

チーズを焼く工程でオーブンが必要なのですが、キャプスタの「UG-2900 ピザ グリル&ファイアースタンド」(クリックでキャプスタの商品ページに飛びます)のようなグリルがあれば


出展:http://www.captainstag.net
このように蓋の上に炭を置くなどすればキャンプでもオーブン料理が出来ますね。


https://cookpad.com/recipe/3617002

赤ワイン+八丁味噌の組み合わせ、美味しそうですね( ..)φメモメモ