【小ワザ・裏技その1】知っておくと役に立つキャンプ・アウトドアのアイデア・テクニック|荷物を減らす意識をする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンプの回数を重ねると荷物を減らすことが出来る

キャンプを始めた頃は、どうしても荷物が多くなりがちですが、一般的にはキャンプの回数を重ねていく毎に少しずつ荷物を減らしていくことが出来ます。
この理由はいくつかありますが、今日はその中から3つピックアップします。

自分(たち)に本当に必要なモノを見極める

初めの頃は、人に勧められたり、情報誌を読んだり、ネットで情報収集したりして、取り敢えず必要そうなギアを揃えていきますよね。
何度かキャンプをして経験を積んでいくと、
「この道具は便利だな」とか
「これはいつも持ってきているけど、使わないことの方が多いな」
「これは〇〇で代用できるな」
など、自分のキャンプ・スタイルに合った、本当に必要なキャンプギアが分かってくると思います。

1台〇役のギアを使う

1つのギアで複数の用途で使える、というキャンプギアは重宝することがあります。
例えばBBQ用のコンロと焚き火台です。

私はBBQ用のコンロと焚き火台、両方持っておりますので、場合によっては両方持ってい行くこともありますが、サイトに焚き火台が備え付けられているキャンプ場に行くときはコンロだけ持って行きます。

勿論逆の時もあります。所有している焚き火台は、コールマンのステンレスファイアープレイスⅢなのですが、これは


出展:https://ec.coleman.co.jp
焚き火台として使う場合は勿論、


出展:https://ec.coleman.co.jp
BBQ用としても使うことが出来ます。


出展:https://ec.coleman.co.jp
底の部分に灰受け(上写真参照)を設置するのですが、この灰受けの設置高さを変更することにより、BBQ用として使うことが出来ます。
ただし、一般的なグリルと比較すると炭と焼き網の間隔が少し大きいため、強い火力で調理したい、例えば焼肉なんかには不向きと感じます。
なので、じっくり火を通したい、例えば鶏肉料理や煮込み、魚を焼く時などの際にはコンロは使わず、このファイアープレイスⅢ1台で使い回します。

荷物も減りますし、掃除や洗浄など片付けも楽になりますからね。

BBQと焚き火を1つのギアで兼用出来る、という製品は各社からたくさん販売されていますので、荷物を減らす目的では1台2役以上させてしまうことが出来る焚き火台を手に入れると良いかと思います。
(大抵の製品は、焚き火台の中でBBQと兼用できるモノが多いので、焚き火が出来るコンロを探すのではなく、BBQと兼用できる焚き火台を探すと良いと思います。)


出展:https://www.uniflame.co.jp

こちらはユニフレーム(UNIFLAME)のファイアグリルですが、焚き火、ダッチオーブン、BBQと1台で3役をこなします。


出展:https://www.uniflame.co.jp
焚き火スタイル


出展:https://www.uniflame.co.jp
BBQスタイル


出展:https://www.uniflame.co.jp
ダッチオーブンスタイル

これで¥6,900(税込み)ですからね。コストパフォーマンスは良いと思います。

また、個人的に注目しているというか、このファイアグリルの高評価ポイントとしては


出展:https://www.uniflame.co.jp
この部分です。
通常は炭置き場の中で炭の置き方を工夫して、火力が強いエリアと弱いエリアを作って焼き物の管理をすることになりますが、ファイアグリルは斜めに焼き網を設置するため、必然的に火力が弱いエリアを作ることが出来るので、これ以上火を入れたくない食材の一時退避というか、保温のスペースとして活用することが出来ます。

予備は最小限にすること

私の場合ですが、「念のために持って行こう」という類のものは殆ど使うことはありません(笑)ので、思い切ってキャンプの常備品から外しました。
特に「予備」の類のモノや状況次第では使うかも、といったものを削っていくとほど良く荷物を減らしていくことが出来ると思います。

人ぞれぞれ、性格にも因りますから、心配性な方はどうしても予備を持って行きたくなると思います。
が、キャンプ当日に使わなければ持って行く必要が無かった、ということになりますので、荷物を減らしたい場合は真っ先に仕訳け対象にするべきです。キャンプ場の管理棟や近くにスーパーやコンビニなどがあって現地で手に入るような「予備」のアイテムであればなおさら仕訳けで良いと思います。

「でも、近くのホームセンターやドラッグストアで買って持って行った方が安く済むんだけどな」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、当日使わないことが多い/ほぼ使わない=現地調達する可能性もほとんどない、ということですので、「高い買い物」の心配はさほど必要なさそうです。

スポンサーリンク

本記事でご紹介したキャンプギア

役立つ小技・テクニック関連記事